甘夏のカラス被害

カラスも甘夏食べるんやね。
甘夏の表皮って、分厚いと言うイメージなんやけど、この時期になって来ると剥ぎやすくなって来るの、知っているんやろか。
d0378939_05450249.jpg
カラスから見たら袋に覆われて、中に何が入っているのだろう?と突いて見るのだろうか。
表皮を何度もついばんでやっと開けたが多くは食っていない。
でも何かしら旨いと感じたに違いない。
d0378939_05501675.jpg
相当数が落とされ、生っていても表皮に突いた痕が残っている。
腐って来るのも時間の問題。
野鳥の害を受けた果実は、捨てるのみ。
・・・

16日、黄砂でかすんだ日だったがたまたま、兄妹揃って走る機会を得た。
南部のマルキンへ行き、ミニトマトの箱買いをし、白浜まで走って、富田川を跨いだ。
遠くに高尾山が見えた。
あそこまで帰らないと行けないんだよ。って、いつも思う。
d0378939_06041205.jpg
写真、中央のお椀をかぶせた様に見えるのが高尾山だ。
『高尾山(たかおやま)』が見える!のシリーズ作ったらおもしろいカモ知れない。






[PR]
by nakapiro420 | 2018-04-18 06:09 | 農園 | Comments(0)

FF釣行記と日々の暮らし


by nakapiro420