今年のデコポン

僕は、JAのこだわりグループに参加して木熟デコポン301を目指し、糖度15度以上を目標に栽培している。
こだわり果実は、5月に花が咲いて実を付け、301日以上 木に成らした果実を収穫、10日以上貯蔵をしてから出荷します。
栽培中の冬の寒さ対策に袋掛け時、果実の首根っこに綿を巻いて袋掛け又は、木全体を覆うビニールハウスを建てる。
(通称、ぶらぶらハウスと言われている。)
果実の首根っこに水が溜まって、水腐り回避をしている。

だが今期の出来は、果実にばらつきが有る。
そんな中、先日(3月21日)の春の嵐!1日中強風が吹いて、台風以上だった。
d0378939_06023878.jpg
もちろん、ぶらぶらハウスは、吹き飛んだ。
写真の果実が見えている所には、ぶらぶらハウスが建っていたんだが。
簡単に吹き飛んでは、くれないから木が折れたり、果実にビニールが当ったりして相当落下したり、果実に生傷が付いた。
収穫して選果する中、多くの果実がダメになっていた。
d0378939_06040548.jpg
段々、腐りが進みます。
早い事、ジュースにすればよいのだろうけど、中々、時間が無い。
友達に配っています。
今期のデコポンは、糖度にばらつきが有って、もう一つ、気合が入らなかった所に強風で果実がガタガタになり、益々気が滅入っている。
でも一個一個、袋掛けしていた果実は、生き残っていると思いたい。
もう少し、先まで生らして置こうと思っている所です。
甘いデコポンを作るのが目標ですから。








[PR]
by nakapiro420 | 2018-03-27 06:19 | 農園 | Comments(0)

FF釣行記と日々の暮らし


by nakapiro420